諦めるまえに、まずはデータが復旧できないかどうか
万が一そのデータにアクセスできない
トラブルが発生したらどうしますか?
考えてみましょう。
今や企業や組織にとって欠かすことの出来ないIT 技術。IT と切り離せないのが日々蓄積されていくデータです。もし、ある日突然そのデータ消えてしまったら、あなたはどうしますか?一昔前では諦めるしかなかったかもしれませんが、日本のデータ復旧のテクノロジーは進化し続けており、これまでは復旧が難しかったような事例であっても無事にデータが戻ってきたということは多々あります。このサイトでは、そういった最新のデータ復旧の世界についてご紹介していければと思います。

世界のIT先進国は?

IT先進国といえば北欧が有名ではありますが、日本も勿論IT先進国です。今やどの業種でもITを使っていない会社はほとんどありませんし、個人でもパソコン、スマホ、タブレットの普及によりITに触れない日はないといっても良いでしょう。

IT の普及による問題点

様々なものがIT 化されていくことでの問題点は色々あります。若年層が犯罪に巻き込まれたりといったこともありますが、そのデータの取扱いという面でも度々ニュースを目にすることがあります。例えば情報漏洩問題です。顧客情報の漏えいは今や企業の信頼を大きく失墜させることになりかねません。そして今問題視されているのがデータの保存方法についてです。会社のHDDには膨大な量のデータが保存されています。そしてその重要さも極めて高いといえるでしょう。もしそのデータが消えてしまったらどうなるでしょうか?場合によっては企業にとって致命傷となりかねません。

データを守るための様々な工夫

規模の大きな企業ですとRAIDといって、複数のHDDを一つのHDDのように認識させるシステムを導入しているところが多いのですが、各メーカーともデータの消失を避けるために様々な工夫が施してあります。しかし、ここが逆に落とし穴となってしまい、データ消失を引き起こすケースもあるのです。RAIDに障害が発生したときに行うリビルドという方法がありますが、リビルドを行うことでデータの復旧率を下げてしまうこともあり、行う時にはプロによる診断が必要でしょう。

データ復旧業界に進歩

現在日本には大小100社程度のデータ復旧会社があると言われています。ビジネスとしてとても競争の激しい業界であり、各社が技術の向上に努めてくれているおかげで年々データの復旧率は向上しています。そんな中でも高い技術で高確率でデータ復旧を可能にする企業として有名なのが日本データテクノロジーです。データ復旧は世界的に需要が増えていますが、日本データテクノロジーでは最先端の技術をいち早く取り入れるために、世界中のデータ復旧企業との情報交換を行っています。そういった高い技術によって様々なトラブルを解決に導いています。実際に依頼のあった事例から詳しい解決方法を、エンジニア自らが紹介するブログも立ち上げていますので、興味のある方は一度ご覧になってはいかがでしょうか?

RAIDデータ復旧事例 | 日本データテクノロジー

データ復旧の中でもRAID機器の復旧事例がアップされています。メーカーでも復旧が難しいと言われているRAID機器の復旧の様子をエンジニア自らが紹介しており、技術の高さがうかがえます。